アークテリクスのシンプルなリュック、ブレードをレビューします。

Arcteryx blade 20

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-20-backpack

ブレードはサイズが異なる3モデルが展開されています。それぞれ細かい仕様が異なるので、その違いについても。

Blade 6、Blade 20、Blade 28とありますが、まずは一番小さいモデルのBlade 6から見ていきます。

 

とにかくコンパクト。Arc’teryx Blade 6

Arcteryx blade 6

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-6-backpack

Blade 6は他のモデルよりも薄くコンパクトに作られており、普段持ち歩く荷物が少ない人におすすめ。

とは言っても必要最低限のものは入れることができます。

Arcteryx blade 6

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-6-backpack

Arc’teryx Bladeはどのサイズもリュックの横側がファスナーで開くようになっています。

Blade 6は上の画像のスペースが主な収納場所です。クッションの入ったノートパソコン用のスリーブと、ガジェット類をしまうのにちょうど良さそうな仕切りのついたポケットが備わっています。

Arcteryx blade 6

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-6-backpack

残りのスペースはサイドにフックのついた小さなポケットと、

Arcteryx blade 6

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-6-backpack

背中側にも小物を入れることのできるポケットがあります。どちらも奥行きはほとんどないので、あまり厚みのあるものを入れることはできません。

また、リュックを横向きにして片手で持つことができるハンドルがついていますが、少し頼りない印象です。このハンドルはBlade20、Blade28の方がしっかりとしたものになっているので、リュックを横にして片手で持ちたい方は大きいサイズのBladeの方がおすすめ。

Blade 6はノートパソコンとその周辺機器だけを持ち歩く、といった人にマッチするサイズ感といえるでしょう。ちなみにノートパソコンは15インチまで対応しています。

一番薄く軽く作られているので、一番取り回しやすい大きさです。

 

スタンダードなサイズ。Arc’teryx Blade 20

Arcteryx blade 20

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-20-backpack

Blade 20は3モデルのちょうど真ん中のサイズで、普段使いにちょうどいい大きさになっています。

Arcteryx blade 20

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-20-backpack

ここがメインのポケットで、ノートパソコン用、タブレット用のスリーブを備えているのはもちろん、しっかりマチのある収納スペースも確保されています。

このスペースはスーツケースと同じようにファスナーで閉じることができるため、ノートパソコンだけ取り出したい、という時も中の荷物がバラバラになることはありません。

Arcteryx blade 20

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-20-backpack

そしてこちらがサブの収納スペースです。細かい仕切りがついており、分けて収納することができます。この仕切りがついていることで、リュックの底側に物がたまることなく、取り出しやすくなっています。

リュックを下ろさなくても、片側の肩ベルトを外すだけで手が届くので便利なスペースです。

Arcteryx blade 20

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-20-backpack

Arcteryx blade 20

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-20-backpack

サイドと背面のポケットも同じくついています。

また、リュックの横にハンドルがついているため、リュックを横向きにして片手で持つこともできます。

Arcteryx blade 20

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-20-backpack

Blade 6よりしっかりしたハンドルですが、それでもこのハンドルを握って重い荷物を長時間持つのは厳しいです。あくまでリュックとして背負うのがメインで、補助的なものとして使うのには便利なハンドルです。

Blade 20は20Lの容量があるため、普段使いには十分なサイズ。個人的には大きさと厚みのバランスが良く、背負って一番様になる大きさだと思います。

 

しっかり大容量。Arc’terx Blade 28

Arcteryx blade 28

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-28-backpack

最後は一番大きなサイズ、Blade 28を見ていきます。一目で今までのモデルより厚みがあるのがわかります。

このBlade 28の大きな特徴はメインの収納スペースにあります。

Arcteryx blade 28

https://eq.loftman.co.jp/products/detail.php?product_id=1944

スーツケースのようにガバッと開くことができ、それぞれがファスナーで開閉する2層構造となっています。かなりの大容量なので1泊程度の旅行にも使うことができます。もちろん、機内持ち込み可のサイズです。

Arcteryx blade 28

https://eq.loftman.co.jp/products/detail.php?product_id=1944

もちろん他のサイズと同じようにラップトップ用のスリーブと仕切りのついた収納スペースも備えています。Blade 28では一番外側についています。

Arcteryx blade 28

https://arcteryx.com/us/jp/shop/blade-28-backpack

背面のポケット、サイドのフック付きポケットも同様の仕様です。

 

Arc’teryx Bladeの価格と評価総まとめ

Arc’teryx Bladeの定価はBlade 6が2万円弱、Blade 20は2万7千円、Blade28は3万円程度となっています。

Blade 6はノートパソコンと周辺機器だけを主に持ち歩く方、Blade 20は通勤、通学など日常的に使う方、Blade 28は多くの荷物を持ち歩く方におすすめです。

Blade 6はこちら↓

Blade 20はこちら↓

Blade 28はこちら↓

関連記事