モダンでスタイリッシュな見た目と、アウトドアブランドらしい機能性、背負い心地で人気上昇中のブランド、BACH(バッハ)のリュックをまとめました。

どのモデルも使い勝手が良く、コスパも抜群。

まだあまり知られていないブランドなので、他人と被りにくいというのも嬉しいポイントです。

人気モデルを5つ紹介していくので、自分にぴったりのリュックを探して見てください。

BACH TRAVEL STAR 28

まずは28Lの容量を持つモデル、トラベルスターから。

大容量ですが、収納スペースが分かれており、細かなポケットもたくさんついているため、しっかり荷物を分類して収納することができます。

また、3Wayタイプなため、リュックとしてだけでなく、ショルダーバッグ、ブリーフケースのように持ち運ぶことも。

荷物をたくさん持ち歩く方におすすめのリュックです。

BACH GRIDLOCK 20

次に紹介するグリッドロックはBACHのリュックの中では小さめのモデル。

シンプルでプレーンな見た目で、スリムなため小柄な女性などの背中にもすっきり収まります。

とは言っても20Lは入るため、日常的に使うならば困ることはないでしょう。

詳しいレビューは以下の記事からどうぞ。

BACHのシンプルコンパクトなリュック。BACH GRIDLOCK | 東京リュックラボ

コンパクトで主張の少ない、シンプルなリュックを探している方におすすめのモデルです。

BACH FLINTSTONE 25

フリントストーンは蓋をぱかっと開けて収納するロールトップタイプのリュック。

リュックの前面には、下部と上部にそれぞれポケットがついているため、財布や定期入れ、鍵など細かな荷物をリュックを下ろさずに出し入れすることができます。

荷物を取り出すのに手間取りやすいというロールトップ型のリュックの欠点を、外側にポケットをたくさんつけることで補っています。

バックルが見た目のアクセントになっており、可愛らしい印象で、女子にもおすすめのモデルです。

BACH SHIELD 22

次に紹介するのはシールド22。

バッハの中でいちばんの人気リュックではないでしょうか。

縦長のスタイリッシュな見た目で、クールな印象。

背面にはメッシュが使われており、肩パッドも分厚く、背負い心地の良いリュックです。

以下の記事でさらに詳しくレビューしています。

アイルランド発の次世代定番。BACH SHIELD 22 | 東京リュックラボ

近頃、供給量が安定してきて、価格もこなれてきたのでコスパ的な面でも非常におすすめできます。

BACH BIKE2B 30

最後に紹介するのはバイク 30。

容量、サイズともに大きく、荷物が多い人におすすめのリュックです。

背面側にはノートパソコン用の独立した収納スペースがあり、メインポケットにも細かく仕分けできるメッシュポケットがついていたりと、しっかり荷物を分けて収納することができます。

重い荷物もクッションの効いた背面パッドががっちり支えてくれます。

こちらも以下の記事で詳しくレビューしています。

デキる大容量リュック。BACH BIKE2B | 東京リュックラボ

大容量ながら、手頃な値段で購入することができるのもおすすめのポイント。

日々、荷物が多い人におすすめです。

関連記事