今回紹介するのはノースフェイスの定番リュック、ホットショット。アウトドアブランドらしい軽さと使い勝手、そしてちょうどいいサイズ感でタウンユースでも人気のモデルです。

Thenorthface hot shot cl

http://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NM71606

街で見かけることも多いこのリュックを詳しくレビューしていきます。

 

THE NORTH FACE HOT SHOT CLの収納と容量

ホットショットの収納スペースは主に2ヶ所。どちらも内部に豊富なポケットがあるので荷物をしっかり分類して入れることができます。

まずはメインポケットを見ていきます。

Thenorthface hot shot cl

http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW735_cpg-370_pno-66_ino-01.html

このポケットは底にしっかりマチが付いており、大きな荷物をどかっと入れることが可能。

リュック背面側にはノートパソコンとタブレット用のスリーブが取り付けられています。長年の定番モデルであるホットショットも、こういった部分は現代のライフスタイルに合わせてアップデートされています。書類などを入れるのにもちょうど良いスペース。

Thenorthface hot shot cl

http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW735_cpg-370_pno-66_ino-01.html

柔らかいネオプレーン素材が使われているのでケースをつけずに裸のままラップトップを収納しても安心です。

 

次にフロントのサブポケットを紹介。

Thenorthface hot shot cl

http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW735_cpg-370_pno-66_ino-01.html

こちらは小物を収納するのにぴったりな小さなポケットがたくさんついています。手帳やスマホ、ガジェット類などの小物もごちゃごちゃにならずに収納することができます。

リュックの底に細かな荷物が溜まりがちな人には嬉しいポイント。小物用のポーチなどを持ち歩かなくて済みます。

 

最後に忘れてはいけないのがサイドのメッシュポケット。ペットボトルや水筒、折り畳み傘などを入れることができます。

Thenorthface hot shot cl

http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW735_cpg-370_pno-66_ino-01.html

地味ですがこのポケットがあるのと無いのとでは使い勝手がガラリと変わります。リュックを下ろさなくても手を伸ばすだけで届く収納スペースは非常に便利。

容量は26Lと荷物をたくさん持ち歩く人にちょうど良いサイズ。教科書類をたくさん持ち歩く学生さんの通学用や、書類などを持ち歩く通勤用といったニーズにもフィットすします。

 

THE NORTH FACE HOT SHOT CLの背負い心地

次にホットショットの背負い心地について。

こちらがショルダーハーネス。一見薄そうですが、幅が広くクッションも入っているので背負っていて肩に食い込むようなことはありません。

Thenorthface hot shot cl

http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW735_cpg-370_pno-66_ino-01.html

背面パッドは柔らかいメッシュ素材。背骨への負担を軽減するようなつくりになっています。

Thenorthface hot shot cl

http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW735_cpg-370_pno-66_ino-01.html

さらにウエストベルトも付属。荷物が重い時にはウエストベルトをつけることでしっかり固定して背負うことができます。ちなみにこのウエストベルトは使わない時には収納が可能。

Thenorthface hot shot cl

http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW735_cpg-370_pno-66_ino-01.html

収納すると全く見えなくなるので、ウエストベルトはオーバースペック、という方も気にせず隠すことができます。

荷物をたくさん入れた時もしっかり背負うことができ、良い背負い心地です。長く人気の定番モデルというのも納得。さすがアウトドアブランドです。

 

THE NORTH FACE HOT SHOT CLの素材と耐久性

ホットショットには箇所ごとに異なるナイロン素材が使われており、軽さを追求しながらも耐久性も確保しています。

Thenorthface hot shot cl

http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW735_cpg-370_pno-66_ino-01.html

例えばボトム部分には1680デニールのコーデュラナイロンを使い負荷のかかる部分の耐久性を確保し、フロント部分には400デニールを使って軽さを重視しながらツヤ感を出したり、といった風に使い分けられています。

素材を使い分けることによって、しっかり耐久性を保ちながら、背負って軽いリュックに仕上がっています。

 

THE NORTH FACE HOT SHOT CLの値段と評価総まとめ

Thenorthface hot shot cl

http://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NM71606

ノースフェイス ホットショットの定価は1万6千円。この値段でも十分ですが、ネット通販ではもう少し安く販売されていることが多いです。

しっかり荷物を分類できる収納力もあり、背負い心地も良し。クラシックながらもシンプルで様々なファッションに合わせやすいホットショット。

たくさん荷物を収納することができる、軽くて背負い心地の良いリュックが欲しい方に特におすすめです。

関連記事